×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BiNDweb

| HOME | Songs |

更新日 2011-02-17 | 作成日 2008-03-03

Songs

Gallant Voxのレパートリーです。

IMG_2791.JPG 

Tonight Tonight

ミュージカル「ウエストサイド・ストーリー」で有名な曲。初めて取り組んだ曲であり、難易度の高い曲。最後のロングトーン、オフマイクのステージングは必見。元はAcoustix。

Barbara Ann

始めの頃はDoo-Wopの曲もやっていました。底抜けに元気な曲で、歌ったあとには喉がからからになりますw元はThe Alley Cats。
 

Come, Go With Me

これもDoo-Wopの曲。一緒においでよと水夫さん(?)が彼女に熱烈にアタックしている曲、おそらくは。比較的ノリノリな方の曲。元はOC Times。

I've Been Workin' On The Railroad

ギャラントの代表曲となった一曲。タイガの汽笛では毎回笑いが起きる。うまい発音で題名が言えない。

Why Do Fools Fallin' Love

初めての箱ライブの為に量産した曲の一つwサークルの新歓で歌われるアレンジとは違い、四声用になっている。ヒロフルリード。

A Christmas Long Ago

夏の段階で既に用意していた冬の曲wこちらもヒロフルリード。コミカルなクリスマスの曲。元はThe Alley Cats。

Rock'n Roll Is Here To Say

まだこのころは色んな曲調の曲に挑戦していました。ロックな魂でイケイケですwウソです。ノリノリなだけですw元はThe Alley Cats。

Ride The Chariot

この辺りからBarbershopど真ん中の選曲をして行く事を決断。宗教的な内容ですが、とても疾走感のある曲です。 
 

It's The Most Wonderful Time Of The Year

有名なクリスマス曲。ディズニーではデイジーが歌っているそうです。元はThe Ritz。

And So It Goes

我々には珍しくタイガがフルリードの曲。とてもバラードで重厚な和音の詰みの再現に苦労した曲。失恋ソング。
 

No More Sorrow

後期Gallant Voxの代表曲。フリを本格的につけた初の曲でもある。軽快な曲調で、ライブの始まりに最適!
 

One Note Samba

サンバにも挑戦してみました。タイガがメロディラインで、リズムと和音が難しい曲。精進あるのみ。元はRealtime。

Drive By

久々にBarbershop以外から持って来た曲。元はブレンダーズ。途中でコーラス三人がボイトラをやるところが見所。フリもあります、多少。皆さんに気に入って頂いている曲。
 

Go The Distance

大曲、ただただ大曲。歌いこなせれば相当な勝ち曲だが、まだまだ技量が足りず、曲に振り回されている。最後のロングトーンも鬼畜。しかし良い曲。ディズニーの「ヘラクレス」主題歌。元はVocal Spectrum。